shiftIn()

[応用入出力]

説明

1バイトのデータを1ビットだけシフトインします. 最上位ビット(MSB,左側)と最下位ビット(LSB,右側)のどちらからでも実行できます. それぞれのビットにおいて, 最初にクロックピンをHIGHにし, その次に,データラインから次のビットを読み取ります.その後,クロックピンはLOWに戻ります.

もし,立ち上がりエッジをクロックとして使用するデバイスを接続する場合は,shiftIn() を実行する前に,最初にクロックピンをLOWにしておく必要があります.たとえば, digitalWrite(clockPin, LOW) を実行します.

注: この関数はソフトウェアによって実行されています; ハードウェアで実行され,高速で動作する SPI library も参照(特定のピンでしか動作しません).

構文

byte incoming = shiftIn(dataPin, clockPin, bitOrder)

パラメータ

dataPin: 各ビットを入力するピン (int)

clockPin: dataPin からのデータ読み取りを指示するピン

bitOrder: シフトする順番; MSBFIRST (最上位ビット側から) または LSBFIRST(最下位ビット側から)

戻り値

読み取った値 (byte)